『肺気腫の症状』 - 原因や初期症状から学ぶ肺気腫とは -

肺気腫の原因




【スポンサードリンク】





■喫煙が最大の原因

肺気腫の原因

肺気腫を患っている人の95%は喫煙している人です。70歳以降では喫煙歴のある人の半数が危ないといわれています。


現在は男性に多い病気ですが、将来は女性患者も急増するだろうと予測されています。


若い女性の喫煙者が増えていること、男性より女性の方が肺気腫にかかりやすいことがその理由です。


肺は18歳くらいまでが成長期といわれています。樹木でいえば若葉の時代にくり返し有害な煙を吸うと肺気腫の発症はさらに早まります。たばこ煙を吸うことが原因ですから受動喫煙でも肺気腫を起こすのではないかといわれています。


肺気腫は別名たばこ病と言われており、原因の90%以上は喫煙です。たばこなどの煙の刺激で気管支に炎症が起こり、ついには肺胞が破壊されることによって、呼吸がしにくくなります。


喫煙開始の年齢が若いほど、また1日の喫煙本数が多いほど肺気腫になりやすく、進行しやすいと言われています。


日本では、昭和初期(1930年代)から1970年代まで、たばこ消費量の増加が続きましたが、それから約30年遅れて、肺気腫死亡者数の増加がみられます。


その他、受動喫煙や大気汚染、職業的な塵埃、化学物質も原因と考えられています。


【スポンサードリンク】